インドから届いた美術品のような美しい絵本

太陽と月

3,240円(税込)

あらすじ

インドのタラ・ブックスより出版された『Sun and Moon(2016)』の日本語版の第2版、10人のアーティストによるインドの民族の物語『太陽と月』が描かれています。インドの工房で手漉き紙にシルクスクリーンで手刷りされ、一冊一冊丁寧に手製本で作られた他にはない、ハンドメイドの絵本です。


      

表紙のくり抜かれた穴から、扉ページの太陽が顔を出すしかけも。それぞれの民族で語り継がれてきた神話や昔話を背景に、インドの10人の先住民族のアーティストが描いた「太陽と月」。

      

『夜の木』、『世界のはじまり』も描いているバッジュ・シャーム。中央インドの出身のゴンド民族で、森の中で自然とともに暮らしていたゴンド民族特有の物語性が感じられる「太陽と月」。


この世は 昼と夜で できている。太陽があり 月がある。

『水のいきもの』の作者としても知られているランバロス・ロジャーが描く太陽と月。


太陽と月は 深く結ばれている。言い伝えによると おなじ母親から生まれた 兄と妹だということだ。

      

インドの熟練の職人の手によりシルクスクリーンで一枚ずつ刷られ、美しい発色で生まれた今までにない絵本。

      

インクの匂い、ざらっとした紙の質感、すべてシリアルナンバー入りのまるで美術品のような特別な一冊です。

      
     

詳細

  • 商品名太陽と月
  • サイズ260 x 290 mm
    26 pages
  • 出版元タムラ堂
  • 製造国インド

著者

  • Tara Books(タラブックス)
  • インド、チェンナイに居を構え、多くの絵本などを発行する出版社。ボローニャブックフェアのラガッツィー賞などを多数受賞。インドに住む部族の画家を起用したり、社会的弱者である女性の作品を取り上げたりと、独自の哲学をもってタイトルを発行している。 すべて手作業による本をインド国内で生産し、北米やヨーロッパに輸出するなど国際的に注目されはじめた出版社。日本国内では『夜の木』(タムラ堂)、『水の生きもの』(河出書房新社)などが発行されている。

インドから届いた美術品のような美しい絵本

太陽と月

3,240円(税込)

◆ 最近チェックした商品 ◆