オーバル型のホウロウ弁当箱

トラネコボンボン ほうろう弁当箱S

4,320円(税込)

あらすじ

”倉敷意匠計画室”と”トラネコボンボン”がコラボレーションしたオーバル型のホウロウ弁当箱です。


トラネコボンボンを主宰する料理人・中西なちおさんのブログ「記憶のモンプチ」は、毎日1枚、動物の絵を更新しています。

『2011.3.11、避難先から友人に何か送ろうかたずねたところ、「毎日一枚動物の絵を送って」と言われてから毎日描いている。
なお「記憶のモンプチ」は茶色いトラネコが住んでいる世界の話である。』
(トラネコボンボンHPより)


倉敷意匠計画室が、その思いを知り、絵の持つ力に深く感動し、この『ホウロウ弁当箱』が生まれました。

ホウロウは、金属の表面にガラス質を高温で焼き付けたものです。清潔感のある見た目の美しさも魅力ですが、殺菌の繁殖を抑える効果や、食品の匂いが移りにくいのも大きな特徴の一つ。保存容器としてはもちろん、弁当箱にも最適な材質です。耐久性にも優れていますので、長く愛用していただける弁当箱です。


お弁当箱のほかにも、日用品の収納や、3時のおやつを忍ばせても。様々な用途でお使いいただける器です。


絵柄違いのMサイズもございます。こちらも併せてご覧ください。


      

注意事項

≪使用上のご注意≫
・ぶつけたり、落としたり等の衝撃を与えると、ホウロウ層が破損します。
・電子レンジでは使用しないでください。電子レンジの故障や火災の原因になります。
・使用後はスポンジに中性洗剤をつけてよく洗い、乾燥させてください。金属タワシや磨き粉などの使用は表面を傷つけますのでおやめください。
・ホウロウの素地は鉄鋼板ですので、使用や保存の状況により、やがてはサビが発生するものとお考えください。

詳細

  • 商品名トラネコボンボン ほうろうお弁当箱S(A柄)
  • サイズヨコ約15.8 × タテ約9.6 × 高さ約5
    容量 430ml
  • 素材鋼板琺瑯仕上
  • 製造国日本・三重県

著者

  • 倉敷意匠
  • 江戸時代から続く美しい町並みで知られる岡山県倉敷市。「倉敷意匠計画室」と「倉敷意匠分室」は、今も手仕事の伝統が残る倉敷を拠点に活動する雑貨メーカー。日用品として日々使われることで、より美しく育っていくような、誰かにとってかけがえのないモノを送りだしたいと願うブランドです。
  • http://atiburanti.classiky.co.jp/
  •        
  • トラネコボンボン
  •        
  • トラネコボンボンは旅するレストランです。
    開店場所は決まっていません。
    穀物と野菜を中心に、季節や場所にあわせていろんな国の料理店に変わります。
    素敵な洋食屋さん、サーカスの売店、市場のお菓子売り、アフリカ料理店
    アジアの屋台、街角のサンドイッチ屋、ロシアの列車の車内食堂
    旅行に出かけた気分で楽しんでもらえたらと思っています。
  •        
  • http://toranekobonbon.com/index.html

オーバル型のホウロウ弁当箱

トラネコボンボン ほうろう弁当箱S

4,320円(税込)

◆ 最近チェックした商品 ◆