八雲町の木彫り熊の歴史に迫る一冊

熊彫〜義親さんと木彫りの熊〜

1,620円(税込)

あらすじ

北海道の代表的な土産品の一つ木彫りの熊の魅力が詰まった『熊彫〜義親さんと木彫りの熊〜』。名古屋にあるブックショップ&ギャラリー「ON READING」で開催された展覧会の図録として制作された一冊です。

      

「熊彫」は、北海道の南部にある八雲町が発祥の地と言われています。尾張徳川家第十九代当主の徳川義親が、スイスより八雲町に持ち帰り、農村支援の一策として、制作が始まりました。徳川義親の農民への思いと共に、その時代が丁寧に綴られています。

      

本誌には、スイスから持ち帰った熊彫のほか、大正初期から昭和初期にかけて作られた熊彫も多く紹介されています。

      

優しく、愛らしい熊の表情とその佇まいに、惹きつけられます。

      

『八雲木彫熊の作り方(復刻版)』の付録付き。こちらは、八雲町公民館木彫り熊講座の2代目講師・上村信光によって制作され、受講生の教科書として使用されたものです。

      

彫刻の道具から技法、熊の骨格から設計図まで、すべて手書きで丁寧に描かれた教科書は必見です。

      
      

熊彫の歴史と共に、その世界の深さや魅力を知る貴重な一冊です。

   
  

詳細

  • 商品名熊彫〜義親さんと木彫りの熊〜
  • サイズ165 x 210 mm / 80 pages
    付録:八雲木彫熊の作り方(復刻版)
  • 出版元エルビスプレス/オンリーディング

著者

  • エルビスプレス
  •  
  • ELVIS PRESSは、名古屋のブックショップ&ギャラリー、ON READINGが2009年に立ち上げた出版レーベルです。アーティストたちの優れた作品を、「本」というかたちで、軽やかに紹介していきたいと考えております。
  •        
  • http://elvispress.jp/

八雲町の木彫り熊の歴史に迫る一冊

熊彫〜義親さんと木彫りの熊〜

1,620円(税込)

◆ 最近チェックした商品 ◆