戦争の悲惨さと平和の尊さを伝える絵本

ぼく生きたかったよ・・・

1,100円(税込)

あらすじ

札幌在住の作家、すずきまいこさんの初めての絵本。戦時中の動物園で行われた猛獣処分について、その事実を調査している三上右近さんが、すずきさんがボールペンで描くクマの作品を知り、共に制作した絵本です。


ある日、戦時中に飼育員の仕事をしていたおじいちゃんは、孫のけんじに、世話をしていたクマの親子のニコーとリコーのついて、語り始めました。


戦時中は、空襲で猛獣たちが逃げ出す危険を回避するため、あちこちの動物園で、ライオンやクマ、ゾウなど多くの動物たちが次々に殺されていきました。


わが子のように大切にしていたクマの親子を、その手で殺さなければならなかった飼育員さんの苦しみ。その辛い記憶を、大切な孫に聞かせるおじいちゃん。


人間たちが起こした戦争に巻き込まれ、罪のない動物が殺されなければならなかった悲しい事実。後書きには、その事実が年表にまとめられ、掲載されています。


この本の元になった資料を提供した三上右近さんは、こう言います。「動物園は平和そのものである」。戦争を知らない子どもたちに、戦争の悲惨さと平和の尊さを伝える貴重な絵本です。

詳細

  • 商品名ぼく生きたかったよ…くまのおやこニコーとリコー
  • サイズ210 × 255 mm
    36p
  • 出版元かりん舎

著者

  • 絵と文:鈴木麻衣子
  •        
  • 1984年札幌生まれ。2006年池袋創形美術学校ビジュアルデザイン科卒業。クマのボールペン画を描き、札幌市内のギャラリーを中心に作品を発表。2013年、戦争中の動物園の記録を調べていた三上右近さんと共に「ぼく生きたかったよ…くまのおやこニコーとリコー」の初めての絵本を作る。
  •        
  • 解説:三上右近
  •        
  • 1964年北海道生まれ。戦時中に行われた猛獣処分について強い憤りを感じ、2007年から戦前及び戦後までの動物園を研究。コツコツと資料を集め、その集大成をまとめている最中です。

戦争の悲惨さと平和の尊さを伝える絵本

ぼく生きたかったよ・・・

1,100円(税込)

◆ 最近チェックした商品 ◆