サーベルあたまのふしぎたのしい婦人の物語

サーベルふじん

1,620円(税込)

あらすじ

画家としても活動している網代幸介氏が初めて描いた絵本『サーベルふじん』。


 

ヨーロッパのかたな「サーベル」をあたまに持つ、ふしぎな「サーベルふじん」の物語。


      

招かれたパーティーでも、「サーベルふじん」は大活躍。あたまでピザを上手に切り分けます。


      

みんなの喜ぶ顔が見たくて、毎日毎日、働く「サーベルふじん」。


      

働きすぎた「サーベルふじん」のあたまは、ボロボロになり、とうとうヒビがはいってしまいました。


      

すっかり元気をなくした「サーベルふじん」、みんなの力で「サーベル」は蘇るのでしょうか。


      

「サーベルふじん」と、ふじんを愛するゆかいな仲間たちの、ふしぎでたのしい世界。


      

画家の網代幸介氏が描く、やわらかいタッチと色彩から生まれる絵と共に、温かな気持ちが残る絵本。大人にもおススメの一冊です。

詳細

  • 商品名サーベルふじん
  • サイズ30.0 x 22.5 cm
  • 出版元小学館

著者

  • 作・絵:網代 幸介
  • 1980年東京生まれ。2010年個展を機に画家として活動。絵画の他、立体、アニメーションなど様々な方法で、物語性のある独自の空想世界を表現。アニメーション作品に、制作・音楽・撮影を全て一人で手がけた「きみのしらない街」(ondo)、「ポーとポウ」(私家版)など。

サーベルあたまのふしぎたのしい婦人の物語

サーベルふじん

1,620円(税込)

◆ 最近チェックした商品 ◆