大切な友達を亡くしたクマが成長を遂げるお話

くまとやまねこ

1,430円(税込)

あらすじ

突然、最愛の友だち"ことり"を亡くした"くま"が、"やまねこ"に出逢い、新しい一歩を踏み出す勇気を描く物語、『くまとやまねこ』。


亡くなってしまった"ことり"のために、"くま" は小さな箱を作り、箱をきれいな色に染め、花びらもしきつめました。


      

いつも、どこへ行くにも、"くま"は"ことり"をいれたその箱をもってあるくようになりました。でも、箱をみた森のどうぶつたちの言葉に心を閉ざし、"くま"は暗い部屋に閉じこもってしまいます。


久しぶりに外へ出かけた"くま"は、見慣れない"やまねこ"に出逢います。"くま"がもちあるく箱を見た"やまねこ"は、素敵な言葉をかけてくれます。そして、"やまねこ"の箱から出てきたバイオリンで演奏をしてくれました。


      

バイオリンの音色を聞きながら、"くま"は、"ことり"と過ごした楽しかった日々を思い出します。"くま"の心が少しずつ晴れていくように、色づいていく景色も印象的です。


「ぼく、もうめそめそしないよ。だって、ぼくとことりは ずっとずっと友だちなんだ」。"くま"は、"やまねこ"に誘われ、旅に出かけることにしました。生まれてから一度も離れたことがなかった自分の家を離れて。


      

大切な友だちを亡くした悲しみから、生と死に、優しく向き合い、新たな時を見つける物語。酒井駒子さんの印象的な絵と共に、子どもから大人まで心に響く絵本です。

      

詳細

  • 商品名くまとやまねこ
  • サイズ245×186 mm
    39p
  • 出版元河出書房新社

著者

  • ぶん:湯本香樹実
  •        
  • 1959年東京都生まれ。東京音楽大学音楽学部卒業。小説『夏の庭-The Friends-』で日本児童文学者協会新人賞、児童文芸新人賞を受賞。同作品は十ヵ国以上で翻訳され、ボストン・グローブ=ホーン・ブック賞、ミルドレッド・バチェルダー賞などを受賞。その他に、小説『ポプラの秋』『西日の町』、絵本『魔女と森の友だち』(絵:ささめやゆき)、童話『くまって、いいにおい』など。絵本の翻訳も手がける。
  • え:酒井駒子
  •        
  • 1966年兵庫県生まれ。東京芸術大学美術学部卒業。絵本に『よるくま』『ゆきがやんだら』『こうちゃん』(文:須賀敦子)など多数。2004年『きつねのかみさま』(作:あまんきみこ)で日本絵本賞、2005年『金曜日の砂糖ちゃん』でブラティスラヴァ世界絵本原画展金碑、2006年『ぼく おかあさんのこと…』でフランスでPITCHOU賞、オランダでZilveren Griffel賞(銀の石筆賞)を受賞。本の装画・挿絵でも活躍する。

大切な友達を亡くしたクマが成長を遂げるお話

くまとやまねこ

1,430円(税込)

◆ 最近チェックした商品 ◆