岸田衿子×安野光雅による世界の児童文学

メアリ・ポピンズ

2,420円(税込)

あらすじ

イギリスの児童文学作家、トラバースの『メアリ・ポピンズ』。世界中で愛されているファンタジーの名作が、岸田衿子さんの翻訳、安野光雅さんの挿絵と共に蘇りました。


     

風にのって”バンクス家に”やってきた”メアリ・ポピンズ”。魔法が使えるナニー(乳母)、メアリと、バンクス家の子どもたちの冒険が描かれた名作。


安野さんが描く美しい挿絵と共に、不思議な世界へ導かれていきます。

     
    
     

色彩豊かな沢山の挿絵と共に、その時代に思いを馳せながら楽しめる一冊。


     

すべてに”ルビ(ふりがな)”がついていますので、大人から子どもまで楽しむことができます。大切な方への贈り物にもおススメです。

  

詳細

  • 商品名メアリ・ポピンズ
  • サイズ156×216 mm
  • 出版元朝日出版社

著者

  • トラバース
  • イギリスの児童文学作家。本名はヘレン・リンドン・ゴフ。1899年、オーストラリアに生まれる。1924年、25歳の時にイギリスへ移住し詩人としてデビュー。その後、児童向けの小説や詩などを多数発表。1977年、大英帝国勲章受勲。
  • 安野光雅
  • 1926年、島根県津和野町に生まれる。BIB金のリンゴ賞(チェコスロバキア)、国際アンデルセン賞などを受賞。1988年紫綬褒賞、2008年菊池寛賞、他を受賞。2012年文化功労者に選ばれる。主な著作に『ふしぎなえ』「『旅の絵本』シリーズ(全八巻)」(福音館書店)、『本を読む』(山川出版社)、『小さな家のローラ』『森のプレゼント』『赤毛のアン』(小社刊)などがある。2001年、津和野町に「安野光雅美術館」、2017年、京丹後市の和久傅の森に「森の中の家 安野光雅館」が開館。
  •  
  • 岸田衿子
  •        
  • 1929年、東京に生まれる。詩人・童話作家。岸田國士を父に持ち、妹は女優の岸田今日子。東京芸術大学油彩科を卒業。詩集に『忘れた秋』『あかるい日の歌』。絵本、童話に『かばくん』『帰ってきたきつね』『プッポコペッポコ』シリーズ。童詩集に『木いちごつみ』『かぞえうたの本』。エッセイ集に『風にいろつけたひとだれ』。翻訳にアーノルド・ローベル『どろんここぶた』などがある。
  •    

岸田衿子×安野光雅による世界の児童文学

メアリ・ポピンズ

2,420円(税込)

◆ 最近チェックした商品 ◆