樋口智子の第二歌集

幾つかは星

2,420円(税込)

あらすじ

     

札幌在住の歌人、樋口智子さんの歌集、『幾つかは星』。第一歌集の「つきさっぷ」から12年、待望の第2歌集が届きました。

     
     

「愛しきいのちに寄り添う日々のうた」を歌った歌集、帯には、樋口さんが選ばれた自選五首が紹介されています。

     
     

「いっしょけんめい
この春の出会いや別れを背負わずにただひたすらに一輪を咲く
クロッカスのめしべの黄色に呼応せよ子の歓声が色づいてゆく」

     

歌集は、いつでも、どのページからでも、言葉に出逢うことができる、物語とはまた違う魅力があります。

     

挿画は、樋口さんたってのご希望で、当店でも人気の「シミ-書房」さんが手掛けられています。贈り物にもおすすめの一冊です。

    
  

詳細

  • 商品名幾つかは星
  • サイズ127×188 mm
  • 出版元本阿弥書店

著者

  • 樋口智子
  •        
  • 歌人。北海道岩見沢市出身。札幌在住。1997年より作歌を開始し、1999年に歌誌「りとむ」に入会。2009年に『つきさっぷ』にて第15回日本歌人クラブ新人賞を受賞。第24回北海道新聞短歌賞佳作。
  •       
    

樋口智子の第二歌集

幾つかは星

2,420円(税込)

◆ 最近チェックした商品 ◆