「はじめてのテツガク絵本」シリーズ

おこる

1,430円(税込)

あらすじ

シンガーソング絵本ライター・中川ひろたか作の「はじめてのテツガクシリーズ絵本」、今回のテーマは『おこる』。長谷川義史さんの力強いタッチで描かれた挿絵も魅力です。


 

毎日おこられてばかりのぼく。「げつようび あさ ねぼうして おこられた。」


      

おこられないところにいっても、「でも、さびしすぎる。」


 

お友達もよくおこる。「けんちゃんは すぐ おこる。ちょっとしたことで すぐ おこる。」


      

ぼくだって、おこる。「しんちゃんに くつを かくされた。ぼくは おこる。」


 

「おこったあとって こころは どんより。おこったからって きもちが すっきりするわけじゃない。」

      
 

「なるべく おこらない ひとに なりたいんだけどなぁ。」

      
  

なんで、人はおこるんだろう。おこられても、おこっても、モヤモヤとしたイヤな気持ちが心に残るのに。「おこる」ことについて、とことん考える絵本。小学生から大人まで、親子で一緒に楽しめる一冊です。

    

詳細

  • 商品名おこる
  • サイズ24.6×21.4 cm
    32p
  • 出版元金の星社

著者

  • 作者:中川ひろたか
  • 1954年埼玉県に生まれ。保育士、バンド「トラヤ帽子店」を経て、現在はシンガーソングライター、絵本作家として活躍。『ないた』(金の星社)で日本絵本大賞。『歯がぬけた』(PHP研究所)でけんぶち絵本の里大賞のびばからす賞を受賞。『つみき』『ことり』『たまご』『ひよこ』(いずれも金の星社)などのファーストブックをはじめ、「ピーマン村の絵本たち」シリーズ(童心社)「ショコラちゃん」シリーズ(講談社)「こぶたのブルトン」シリーズ(アリス館)など多数の著書がある。
  • https://www.songbookcafe.com/
  • 画家:長谷川義史
  •        
  • 1961年大阪府生まれ。グラフィックデザイナーを経て、イラストレーターへ。現在は絵本や児童書を中心に活躍。『おたまさんのおかいさん』(解放出版社)で講談社出版文化賞絵本賞、『いろはにほへと』(BL出版)で日本絵本賞、『ぼくがラーメンたべてるとき』(教育画劇)で日本絵本賞、小学館児童出版文化賞を受賞。主な作品に『ぽんぽんポコポコ』(金の星社)『うえへまいりまぁす』(PHP研究所)『いいからいいから』(絵本館)『おへそのあな』(BL出版)『パンやのろくちゃん』シリーズ(小学館)などがある。

「はじめてのテツガク絵本」シリーズ

おこる

1,430円(税込)

◆ 最近チェックした商品 ◆