日常の食事に宿る物語を届ける一冊

恥ずかしい料理

1,980円(税込)

あらすじ

「みんな本当は、何食べてるの?」特別な日ではない、気取らない「いつもの食事」の風景をお届けする一冊、『恥ずかしい料理』です。


      

登場人物は、ベテラン夫婦や子育て中の働くお母さん、季節料理店を営む店主や一人暮らしの女性など様々。「いつもの料理」が生まれていく日々の暮らしが、ありのままの姿と共に描かれています。


      

それぞれの家庭から生まれた食事のレシピも、詳しく掲載しています。どれも、いつも冷蔵庫にあるような材料で作ることができ、大いに参考になります。


      

こちらは、70年代カルチャ−をこよなく愛するご家庭の一コマ。個性が際立つ生活空間にも引き込まれ、隅々まで眺めたくなる写真も魅力。


      

ありのままの姿をとらえた日常が描かれています。


     

「日常の食事にこそ、手触りのある物語が宿る。」
なんでもない日常が愛おしくなる一冊です。

     

詳細

  • 商品名恥ずかしい料理
  • サイズ21 x 25.5 cm
    96 pages
  • 出版元誠光社

著者

          
  • 著者・デザイン:梶谷 いこ
  • 1985年鳥取県米子市生まれ、京都市在住。文字組みへの興味が高じて2015年頃より文筆活動を開始。ZINE、私家版冊子を制作。主な作品は『家庭料理とわたし-「手料理」でひも解く味の個人史と 参考になるかもれしれないわが家のレシピたち』『THE LADY』『KANISUKI』『KYOTO NODATE PICNIC GUIDEBOOK』など。

  • 写真:平野 愛
  • 1978年京都生まれ。自然光とフィルム写真にこだわったフォトカンパニー「写真と色々」設立。引っ越しに密着した私家版写真集『moving days』の刊行、ウェブマガジン「OURS, Karigurashi magazine」「うちまちだんち」の運営、ブックサイト「好書好日」でのフォトエッセイ「私を本屋に連れてって」連載など。住まい・暮らし・人をテーマに撮影から執筆まで幅広く手がける。
  •        

日常の食事に宿る物語を届ける一冊

恥ずかしい料理

1,980円(税込)

◆ 最近チェックした商品 ◆